世界の先端を行くICT社会-北欧ICT事情

1968年に導入された個人番号制度(CRP)を基盤に、世界的にも評価の高い、北欧の電子政府。ICTインフラの充実も進み、北欧では、徴税、教育、医療、福祉など社会の隅々にまでICTの恩恵が広がります。

各種国際ランキングでの上位を常に占めているその背景には、技術主導のICTではなく、社会主導のそして幸せ主導のICTデザインへの視座の転換があります。先端技術を必ずしも使わずとも、ICT導入による仕事やプロセスの効率化が進み、経費削減などの効果を生み出し、そして市民の幸せに繋がるICT社会、それが北欧がICTによって目指す未来です。

北欧研究所では、北欧のICTに関係する各種調査や研究、報告書の作成、テクニカルビジットサポートなどを行っています。