北欧流参加型デザイン

近年社会は複雑性や不確実生が高まっており、従来とは異なった方法での社会問題の解決が求められています。北欧で始まった参加型デザインは、関連各所を巻き込み、最適解を見つけ出す手法として、ITデザイン、まちづくりなどの分野で成果を出しています。