デンマークにおけるマタニティハラスメント

2016年、幸せの国第1位に返り咲いた国デンマーク。[i]

そのイメージは、幸福、福祉国家、ジェンダー平等と日本が目指すべき国家モデルを兼ね備えているように見える。では、そんなポジティブなイメージの強いデンマークには、一切の問題もないのであろうか。

 

世界経済フォーラムが発表している男女平等指数(ジェンダーギャップ指数)の2015年度ランキング[ii]によれば、デンマークは世界14位、日本は101位となっている。日本の順位の低さもさることながら、デンマークは北欧諸国で唯一トップ層には入っていないのである。(1位よりアイスランド、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン)

 

デンマークの「ジェンダー平等」のイメージの裏には一体どんな問題があるのだろう。20161月に発表されたデンマーク人権機構(the Danish Institute of Human Rights)の調査より、デンマークの労働市場におけるマタニティハラスメントの実態について考えていきたい。

 

More