japanordic

海水浴のできる海に

デンマークは、歴史的に農業や生活用水として地下水が使われてきました。60年代に水質汚染が進んだデンマークでは、7-90年にかけて、汚水処理や浄水技術や法律が整えられ、一時は消えていた近海の魚介類も復活の兆しを見せています。泳いではいけないといわれていた各地の海水浴場もそのかつての栄光を取り戻し、現在では、人口の海水浴場も多く見られています。

デンマークの水にまつわる水質汚染とその改良への変遷をレポートし、小粒でも光り輝くボーングローバル企業の調査、および、デンマークを中心に繰り広げられる世界的にも熱い水ビジネスの一端を調査しました。