japanordic

デンマークの食品市場調査

近年、食の関心の高まるデンマークでは、日本の食材に注目が集まっています。そんな日本の食材の受容度を測るべく、食のプロフェッショナル達やシェフなどを訪問し、インタビュー調査をしました。

近年、今までにないほど、北欧では、食に注目が集まっています。日本の貴重な食材を隠し味として利用する有名シェフもおり、そのことが話題になるほどです。フランスや米国経由で、日本のUmamiといった味覚やYuzuといった食材などが注目され、料理雑誌にも取り上げられています。日本の地方都市の名産品、特産品などが欧州に輸出される事例が増えたこともあり北欧での日本食材の知名度も挙っているばかりでなく、同時に日本の地方都市の特産品を海外に売り込もうと、多くの方が北欧にも訪問されています。

北欧研究所は、日本の地方自治体のある日本食材の受容度を測るため、市場調査、インタビュー調査、アテンドと通訳を含む訪問調査のお手伝いを行いました。この自治体は、その後、テイスティングイベントなどをコペンハーゲンで実施し、製品輸出の準備を開始しています。