japanordic

Møde通信Vol.5:デンマークといえば「デニッシュパン」?!

アソシエイトパートナーのArisaです。
デンマークのBageri(パン屋さん)

デンマークは、クリスマスと新年の賑やかさも落ち着きをみせ、日常が戻ってきました。日本でデンマークというと「デニッシュパン」を思い浮かべる方も多いはず。デンマーク人はパンが大好き。土日の朝食に、また平日であっても早朝からBageri(パン屋さん)に、焼きたてパンを買いに行く人も多いのです。Bageriの品揃えは日本とは少し違ったもの。少し紹介すると・・・

日本で「デニッシュパン」として知られているこのパン。こちらでは実は「Winerbrød」(ウィーンパン)と呼ばれていて、デンマークのパンじゃないという扱いなのです。カスタードやチョコレートがトッピングされていて、バターたっぷりのサクサク生地はデンマークに来たら一度は試す価値あり!そして、デンマークでは毎日食べるライ麦パン(黒パン)「Rugbrød」も並んでいます。このパンは、ライ麦やひまわりの種やナッツ類、ごま等と「Surdej」というライ麦、小麦粉、水を混ぜて発酵させた酸っぱい香りのする酵母を混ぜて作られます。自分で焼くこともできるのですが、発酵から焼き上がりまで丸一日かかります。この「Rugbrød」は食物繊維を多く含んでいて、デンマーク人のお腹の友のようです。

ケーキ屋さんも兼ねているパン屋さんが多いので、午後のコーヒーのお供となる、「Hinbærsnitter」(ラズベリージャムをクッキー生地でサンド。そこにグラス・ア・ローとカラフルなスプリンクルのトッピングがかかっています。)や、「Småkager」(クッキー)などが並んでいます。私が大好きなのが、パン屋さんで残った菓子パンを混ぜ合わせ、ラムエッセンスで香り付けしたあと、丸めてスプリンクルを掛けたお菓子、「Romkugler」です。毎日少しずつ味が違うことや、パン屋さんによって混ぜ合わせる材料が違うので私はパン屋さんに入ったら必ず買ってしまうのです。

そんな、デンマークの日常に欠かせないパン屋さんですが、今回のデンマーク滞在で気になったのが、パン屋さんが少なくなっている気がすること・・・数年前の滞在では、「1地域に1パン屋」という感じがしていたのに、パン屋さんを以前より見かけなくなった気がする。調べてみると・・・・・・

デンマークのパン屋さんの数は過去15年(2010年時。出典は文末をご参照ください。)で450件減少したそう。2010年時点では、デンマークで850件のパン屋さんがあるそうです。ここ数年の不況と、スーパーマーケットがパン屋さんを併設し始めたことが大きな要因のようです。パン屋さんが減ってしまうのは寂しいですね。「小腹がすいたらデニッシュパンを買いに♪」というのもできなくなってしまうのでしょうか。私のデニッシュパンの食べ過ぎはなくなるかもしれませんが・・・・・・。

デンマークのパン屋さん、いかがでしたか?パンについて書いていたら、またパンが食べたくなってきました。やみつきですね。みなさんもデンマークにいらしたら是非、パン屋さんに立寄ってみてくださいね。では、また次回をお楽しみに!